情熱大陸


「ダイビングをもっとやさしく、もっと面白く」をテーマにダイビングインストラクターをしています。西表島の海を離れ、原点の沖縄本島へ戻ることに。1/27の記事をもちまして、ブログを引越しました。
by passion82
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:魚 ( 15 ) タグの人気記事


万太。

オニイトマキエイ。通称マンタと呼ばれる世界最大のエイで、沖縄の離島でも見られる。

…と思われていました。ついこの前まで。

実は!西表島や石垣島など沖縄で見ることの出来る、「マンタ」と思われていたエイは、「マンタ」では無かったのです!日本の沿岸域で見られるのはほとんどが「ナンヨウマンタ」という種類だったことがわかったそうです。

元祖マンタことオニイトマキエイですが、やつらは日本で見られることは少なく、外洋域を好むようです。タイのダイブクルーズなどに乗れば見ることが出来るとのこと。

2種のマンタは、背中の模様や口の周りの色などで区別できるそうです。

マンタはダイバーにとって憧れの魚でしたが、本物のマンタはさらにちょっと遠い存在になってしまいましたね。沖縄の「美ら海水族館」や大阪の「海遊館」など、日本を代表する水族館が、いち早く「ナンヨウマンタ」の呼び名を採用しています。この名前が定着していくのも、そう遠くないかもですね。

少し寂しい気持ちになるのはなぜでしょうか…。そんな秋らしい気分にさせる話題でした。
[PR]

by passion82 | 2010-11-19 22:15 | ダイビング

超アンバランス。

c0214889_21261553.jpg

 ナンヨウツバメウオ。昨日のネタもコイツでしたが…。

 今日は海(港…)に入って撮影に挑みました。しかし、見た目穏やかな水面ですが、写真を撮ろうとするとフラフラフラフラ(-_-;)常に近くを船が走ってんじゃないか…?というくらい揺れてるわけです。
 水面を主戦場とするナンヨウツバメウオ相手には、この写真が限界でした。
[PR]

by passion82 | 2010-11-18 21:39 | ダイビング

シチセンチョウチョウウオ

c0214889_23384552.jpg

 西表島はチョウチョウウオの宝庫。シチセンチョウチョウウオも、琉球列島の中で南のほうに行かないと見られません。

 今年は海が荒れ始めるのが早かったですね。毎日冬の海って感じです。ラ・ニーニャ現象のせいで、秋~冬への移り変わりが早くなってるからでしょうね。
[PR]

by passion82 | 2010-11-12 23:44 | ダイビング

オニハタタテダイ

c0214889_22492444.jpg

今日から11月。今年も残すはあと2ヶ月ですね。

あっという間。ほんと、あっという間です。

毎日を意味のあるものにしていきたいと思うのでした。
[PR]

by passion82 | 2010-11-01 22:58 | ダイビング

日輪

c0214889_23134045.jpg

その背ビレは、広げると太陽の輪のような美しい円を描くことから、ニチリンダテハゼと名づけられました。

背ビレをたたんでいると、フツーのダテハゼ。すこーし警戒モードになってくると、ぐぐぐっと背ビレが広がります。
生き物が一番いい表情をしている瞬間を抑えたいですね。
[PR]

by passion82 | 2010-10-20 23:23 | ダイビング

Look up

c0214889_22451559.jpg

ヒトスジギンポ 4cm
 ギンポやカエルウオの仲間は、愛嬌のある表情と動きでダイバーを楽しませてくれます。いつも素早くちょこちょこ動き回るのですが、それでもピタッと止まってこちらの様子をうかがってきます。

 たまに立ち止まって、呼吸を整えている…。何気ないことに納得してしまうのでした。
[PR]

by passion82 | 2010-10-15 22:57 | ダイビング

クマノミ

c0214889_2332390.jpg

セジロクマノミ
イソギンチャクと共生するクマノミ。
世界にクマノミの仲間は28種類確認されています。そのうち日本には6種類。これほど狭い海域に6種もクマノミが生息していることはかなりのレアケースなのです。写真のセジロクマノミは比較的珍しい種類ですよ。

海から上がると少し冷たい風。秋の香りが漂い始めた西表でした。
[PR]

by passion82 | 2010-09-29 23:18 | ダイビング

見えにくいもの

c0214889_23362611.jpg

 ツバメタナバタウオ
 見過ごしてしまいそうな岩陰にたたずんでいます。おまけに光を当ててやらないと体色が真っ暗でわかりません。
 美しく見ようとする心が、大切なんですね。

 8月も終わります。
[PR]

by passion82 | 2010-08-31 23:42 | ダイビング

あご

c0214889_2132698.jpg

リングアイジョーフィッシュ
 ジョーフィッシュは表情があってカワイイですね。コイツは自分のちょっと上をじーっと見つめています。何か獲物がいるのかもしれません。
 ジョーフィッシュはタテ穴タイプの巣穴を掘って、そこで定住型の暮らしをしています。恐る恐る穴の外をキョロキョロ見回す姿が愛くるしいのです。基本的には、一度巣穴を作るとしばらくそこから動かないので、ポイントの名物的お魚になってくれます。
 可愛らしいルックスですが、実は巣穴の近くを通る小魚を捕食するハンターなんですよ。穴から1m近く離れた場所にいた獲物をハンティングしたところを見たことがあります。その凄まじいスピードといったら…。いつもの可愛さはありませんでした(^_^;)

 写真のリングアイジョーフィッシュはメガネアゴアマダイという和名がついています。ジョーフィッシュの仲間はアゴアマダイという名前がつくものが多いですね。Joe=アゴ、ですから。基本ビビリな彼らですが、リングアイはさらに輪をかけた小心者。ここまで寄るのが精一杯(>_<)
[PR]

by passion82 | 2010-08-22 21:51 | ダイビング

恋多き

c0214889_22273747.jpg

 湖のようなベタベタの海面の、西表島です。熱帯低気圧の兆しも無い平和な日々。
ボート上で波に揺られていると、眠くなってしまいます。こんな何でもない幸せな毎日ですが、いつまで続いてほしいものです。

 写真はカシワハナダイ
ハナダイたちは情熱的な恋をすることで有名で、メスの気をひこうと度々求愛行動を繰り返します。写真もアピールのための婚姻色。
 まぁ、一夫多妻制なんですけどね…。出来るだけ多くのメスに自分を売り込むわけです。それも種を繁栄させる手段なんですね。
[PR]

by passion82 | 2010-08-18 22:46 | ダイビング