情熱大陸


「ダイビングをもっとやさしく、もっと面白く」をテーマにダイビングインストラクターをしています。西表島の海を離れ、原点の沖縄本島へ戻ることに。1/27の記事をもちまして、ブログを引越しました。
by passion82
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ダイビング情報サイトを開設し..
at 2014-03-02 10:57
ご報告
at 2011-01-27 20:13
思ふこと
at 2011-01-26 21:41
アジア杯
at 2011-01-24 19:28
-
at 2011-01-22 20:46
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧


快方へ

c0214889_22325074.jpg

水温が…25℃代になってます(゜゜)
台風から始まり、ここ数日強い北風が吹き止まないので、海の中が大分かき回されてるんでしょうね。

ただ、ようやく天候が回復してきた気配。陽が射すと一気に夏になったかのような暑さです。が、雲が空を覆うとヒンヤリ。温度差に翻弄される一日でした。
[PR]

by passion82 | 2010-10-31 22:38 | ダイビング

ダイビングインストラクターへの道②

 ダイビングインストラクターになるにはいくつかのアプローチがあります。

①ダイビングショップに通って講習を重ねる
 この方法が一番の正攻法だと思います。時間的に余裕が無くても、海の近くに住んでいなくても、着実に経験を積んでいくことが出来ます。どの街にも、意外とダイビングショップってあるものです。少し大きめの、インストラクタートレーニングを行っているショップを探して、仕事や学校の合間に通うべし。年齢や現在の職業などの制限が少ないんですが、ある程度資金が無いとショップに通い続けられないのが難点かもしれません…。

②何はともあれ、まずダイビングショップに就職してしまう
 現在のダイビング経験など関係なしに、いきなりダイビングショップにもぐりこんでしまう方法です。ショップで働きながら、労働力の対価としてインストラクターまで育ててもらうということですね。インストラクタートレーニングが出来るお店で働くのが理想だと思います。住み込みの奉公状態のパターンから、お店独自の教育プログラムがあるところまで様々ですが、大体が体力的にハードですし、収入は期待したらいけません。将来的にインストラクターになったらそのショップで働くのがまずは礼儀だと思いますので、本腰を入れる覚悟がないと難しいかもしれません。お金は最小限で済みますが、まず時間と体力が条件だと思います。

③専門学校に入学する
 ダイビングインストラクターを養成する専門学校があります。本格的なカリキュラムがある点で、頼りになりますし、何より同じ目標を持った仲間がいるのはいいですね。入れるのは10代の若者だけと思われがちですが、そんなことはないはず…。僕は20代半ばの学生も見たことがあります。ただ、やっぱり学費となるとけっこうなお値段ですよね。高校生からすれば進学ですので、堂々とご両親に相談するのもいいと思います。


 3つの方法をご紹介しましたが、大切なのは周りの人たちとの信頼関係です。インストラクターを目指すともなると、メンタル面で追い込まれることもあるので、そんなときに頼りになる人がショップや学校にいることが大事だと思います。まぁ、ダイビングインストラクターは大体面倒見の良い人が多いので、あとは相性かもしれませんね。
[PR]

by passion82 | 2010-10-30 23:40 | ダイビングスキル

ダイビングインストラクターへの道①

 現在ダイビングインストラクターはその数を減らしつつあります。
 海が好きな人であればやりがいのある仕事ですし、インストラクターの仕事に憧れて下さる方はいらっしゃいます。ただ、業界に入ってダイビング一筋で生活していくとなると、長時間労働と低賃金などがネックになって、夢や自己実現を励みにするだけでは、心折れてしまうこともあるんだと思います…。
 ダイビングに関わる人が、将来の不安や極度のストレス無く働いていくためには、ダイビング業界そのものが変わっていかないといけません。今の僕は業界への影響力など全く持っていませんが、せめてダイビングインストラクターを志す人への励みになればと、このブログでインストラクターを目指すうえでの小ネタや、業界へのアプローチの仕方を簡単にお話できればと思うのであります。

 今回は、『ダイビングインストラクターの条件』のお話です。未熟者の僕が偉そうに…という感じですので、あくまで個人としての意見をお話します。
 ダイビングをされる方であれば、インストラクターの条件は色々思いつくかもしれません。

・ダイビングが上手
・魚に詳しい
・教え方が上手い
・頼りがいがある
・優しい
などなど……

 その中で僕が思う第一の条件は、「人が好きである」ということ。接客をするサービス業なので当たり前ですが、人と接すること・話すことが好きでなければ、ダイビングインストラクターは務まりません。
 インストラクターを目指す方やダイビングの専門学生に、この「条件」って何があると思いますか?という質問をすると「海が好きなこと」を条件にあげる人が多いです。もちろん「海が好きなこと」はかなり大事ですし、モチベーションの素になってきます。特に精神的に参ったときなど、海に対する気持ちがあれば大分踏ん張れると思います。ただ、忘れてはいけないのは、ダイビングインストラクターの一日の仕事のうち、海に潜っているのはせいぜい2時間。ほとんどは陸上でゲストに接しているということです。陸上での前準備次第で、ゲストが水中で感じる快適さや面白さはかなりコントロールできるはずです。陸上・水中を合わせたトータルでゲストを喜ばせることが出来るのは「人が好き」な人じゃないでしょうか?

 なんて思うのでした。これからも暇を見つけ次第、「ダイビングインストラクターへの道」をアップしていきますので、ご興味のある方はご覧ください。
[PR]

by passion82 | 2010-10-29 22:52 | ダイビングスキル

隠れ家

c0214889_21522956.jpg

 海は大時化につき、本日もダイビング中止。こんな日でも、ダイビングショップは止まりません。営業関係の仕事からPC作業、掃除までこなし、けっこうな早さで一日が過ぎて行きました。

 本日の昼食はお客様と、『唐変木(とうへんぼく)』へ行ってまいりました。静かな西表島の中でも、一際ひっそりとたたずむ感じの、隠れ家的なお店です。
 食べる前に写真を撮れば良かったんですが、がっつき過ぎていたのか気付いた時には既に遅し…。食後にオサレなお皿を撮らせていただきました。
[PR]

by passion82 | 2010-10-28 22:04 | ほのぼの

まだ…

まだ電気が生きています。西表島です。

台風の動きが遅くて、明日はもちろん、29日もダイビングが出来なさそうです(-_-;)

沖縄本島、奄美諸島辺りを通って、本州にも上陸しそうですね。寒波と台風が同時に来る日本列島って…。奄美の方々は災害続きですが、どうかご無事を祈っております。
[PR]

by passion82 | 2010-10-27 23:58 | ダイビング

荒れ荒れ

c0214889_23423732.jpg

予想を上回る暴れっぷりを見せる台風14号。位置・勢力的にはこんなに波・風が上がるはずではないんですが、大陸にある強めの高気圧から台風に強風が流れこんでるんだと思います。

今日は何とか午前中に2本潜れました。こんな時化た海でも「楽しかった!」と言っていただけるゲストさんに感謝です。

停電しないうちにブログをアップしました。
[PR]

by passion82 | 2010-10-26 23:59 | ダイビング

楽園

c0214889_22474745.jpg

 今、西表で一番サンゴがきれいな場所。それは『崎山アザミ』。

 西表島の海には、サンゴポイントと言われるポイントがたくさんありますが、そのどれもが楽園です。

 だから、本当にきれいな場所は皆さんそれぞれの心の中にあるんですよ。なんてね(笑)

 明日には波が6mまで上がるそうです(~_~;)
[PR]

by passion82 | 2010-10-25 23:14 | ダイビング

出会い

c0214889_2237435.jpg

やっとです。やっと晴れ間が見えた西表島。

ボートを走らせていると、水面でプランクトンを捕食するマンタに出会いました。しばらくその場でマンタをウォッチング。改めて、自然の中でこんなに大きな生き物と偶然出会えることに感謝です。

今日は普通に汗ばんで、夏が帰ってきたかのような1日でした。

…が、明日にはもう海況が悪化するようで…。そんなことは想像出来ない夕日でした。
[PR]

by passion82 | 2010-10-24 22:43 | ダイビング

湾の中にて

c0214889_23341595.jpg

 予想以上に南風が強い1日でした。台風13号が北上したせいですね。ポイントはおのずと湾内へ。

 がっつりマクロダイビングをしてきました!
写真はオシャレカクレエビ。オシャレアイテムは赤いハサミです。
[PR]

by passion82 | 2010-10-24 01:18 | ダイビング

ウニと魚

c0214889_20313314.jpg

ガンガゼという長ーいトゲを持つウニの仲間。よく見ると体を縦にしてヘコアユが群れています。海草やサンゴに隠れて暮らす魚なんですね。縦になったほうがカムフラージュできるような所が大好きなのです。

カメラを覗いて近づいていくと距離感が狂うので、ガンガゼのトゲに刺さりそうになります(@_@;)特にワイド系のレンズをつけているときは要注意。万が一刺されたら45℃くらいのお湯に浸してください!

雷が鳴り響く今夜の西表です。
[PR]

by passion82 | 2010-10-22 20:48 | ダイビング