情熱大陸


「ダイビングをもっとやさしく、もっと面白く」をテーマにダイビングインストラクターをしています。西表島の海を離れ、原点の沖縄本島へ戻ることに。1/27の記事をもちまして、ブログを引越しました。
by passion82

<   2010年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


ドリフトダイビング 水中編

 ドリフトダイビングを楽しむ100のコツ!今日は水中でのお話です。

☆水中移動
 基本的には潮の流れに乗りながら移動していきます。ただ、時には流れに逆らったり、横切ったりしながら、全体としては流れの下手側へ移動していく…ということも。「流れの上手に魚を発見!」とか「この流れを横切って少し泳げばバラクーダが群れていそう!」というパターンです。そんなときは、岩をつかみながら進むべし。無理に泳いでエアー&体力を浪費してはいけません。意外と多いのが、ちょっとぐらいの流れなら中層を泳いじゃう!という方。…もったいない。ドリフトダイビングでは体力はできる限り節約していきましょう。
 しかし。岩を持って進めない、下は水深50m以深という、まったくの中層を流すダイビングの時はどうしたら…?そんなときは、ほとんどの場合流れに逆らうことは無いはずです。ガイドから離れすぎないように、一緒に流れていきましょう。

☆注意点
 流れの中で潜る以上、グループとしてのまとまりがとっても大事。少しポジションが離れるだけで流れの方向や強さが変わってしまうことがあるので、流れが弱いとき以外はガイドの近くにいてください。さらに、ガイドと同じペースで進むことも重要。
 流れる→待つ→流れる→待つ…のタイミングを同じにしないと、ガイドよりも先へどんどん流れていってしまったり(+_+)
 そして残圧のチェックもほんとに大切。エキサイティングなドリフトダイビングの場合、思ったよりも全然早くエアーが減っていきます。普通のポイントより平均的に深いこともその理由ですね。

☆大物の見つけ方
 季節や場所にもよりますが、大物は水中を上下半分ずつに分けると、断然上に多いです。(と思います。)特にイソマグロやギンガメアジ、バラクーダなどの光モノ系は、見上げながら泳いでいると発見が早いです。足元にもかわいい魚がいっぱいいるんですが、大物狙いのときはキッチリ頭を切り替えましょう。「大物以外は見ない」とか「ガイドより早く大物を見つけてやる」と意気込むのも楽しいはずです。
 ウミガメやホワイトチップ(ネムリブカというサメ)なんかは下のほうで休んでいることもよくありますので、上7割の下3割くらいの集中力でもいいと思います。
 その他、辺りを良く見て、キラッと光るものや、動く大めのものに注目していきましょう。自分が大きな魚を見つけると、喜びは倍増ですよー(^_^)
[PR]

by passion82 | 2010-05-31 22:41 | ダイビングスキル

ドリフトダイビング 潜降編

 ドリフトダイビングマスター作戦、今日は潜降です。ドリフトダイビングのマストスキルが、スムーズなエントリー&潜降なのです(^^)/

☆潜降
①ロープは使えません!
 ドリフトダイビングでは船はアンカーで固定されていません。船長はダイバーが海へ入った後すぐに、追跡を開始しないといけませんし、場所によってはアンカリングできる浅瀬が無い場合だってあるのです(゜_゜)
 ここがドリフトダイビングが難しいと言われるゆえんなのですね・・・(^_^;)自分のペースでゆっくりと潜降、というワケにはいかないのです。耳抜きに不安がある方は、とにかくこまめに。1秒に1回以上やるくらいの気持ちでいたほうがいいです!
 ドリフトのスタイルを自分用に変えてしまうのはほぼ不可能ですが、練習は工夫次第でできます。普段のダイビングでもドリフトを意識してロープを使わず、ヘッドファーストで速やかに潜降…というふうに、ドリフトのつもりで潜ってみるのです。(状況が許せばですが)

②即潜降がベスト
 ドリフトダイビングは、流れがあることがほとんど。水面でじーっとしていると、グループから離されてしまいます。透明度が良くない場合は、はぐれてしまうことだってあるかもしれません。船上で予めBCDの空気は全部抜いてしまうのがオススメです。エントリーした勢いで体は少し沈むので、そのまま潜降してしまうべし!ぼーっとしていると、水面へ浮いていってしまう場合もあるので、スピード命です!

③できればヘッドファーストで
 ヘッドファースト潜降=頭を下にして潜っていく潜降のスタイル。耳抜きは頭が上にあったほうが成功しやすいので、難しい場合もあるのですが、この方法が最もスムーズに潜降できるんです。人間の体で一番重い部分が頭ですから、頭が下にあるほうが沈みやすいというわけです。耳抜きが不安な方は、普段のダイビング中に頭を下にした状態で耳抜きをしてみたりして、感覚をつかんでみてください。

④ガイドに集中
 潜降中はガイド、バディを常に視野に入れておいてください。もし自分自身でなくてもトラブルがあれば、一旦全員浮上のサインが出るかもしれません。潜降に一生懸命になりすぎて、ガイドを見ていないと、周りは全員水面まで浮上している・・・なんてことに(T_T)
 チームのメンバー全員が集合するまで、気を緩めないようにしましょう!

⑤リトライ
 耳抜きや潜降のタイミングの遅れなどで、エントリーをやりなおす(リトライ)場合があります。その場合は遅れた人だけがアシスタントと一緒に上がるのか。それともチーム全員でやり直しをするのか。事前にしっかり確認をしておけば、もし潜降を失敗してしまってもあわてずに対応できるはずです!


 次は水中編。大物の上手な見方なんかもご紹介します(^_^)v
[PR]

by passion82 | 2010-05-30 21:39 | ダイビングスキル

ドリフトダイビング エントリー編

 昨日に続いて、ドリフトダイビング徹底攻略です!

☆エントリー
 まずは海へ入るところから。正確に言うと、エントリーの前準備からお話します。

①早め早めがポイント
 ドリフトポイントの多くは、波があります。外洋に位置していて風がよく当たる上に、流れがあるのでそれだけで波が高くなってしまうのです。ポイント到着前に(波が無いところで)あらかじめブリーフィングをしてしまうケースも多いほど、エントリー場所は揺れることがあります。マスクの曇り止めや、ウェイトベルト装着、タンクのバルブ開放、カメラ他アクセサリー類のセットなどなど…は早い段階で済ませておくべし、です。
 そしてガイドから、いざエントリー!の合図が出たら、すぐに海の入れる準備をしておきましょう。ひとつひとつはゆっくりでも構いません。ただ、何事も前もって(^_^)

②ポジション取り ショップによっては10人以上の大所帯で1チームになるところもあると思います。スキルに自信が無かったり、不安な点があればガイドやアシスタントの近くにポジションを取ってください。事前に「エントリーと潜降の時、見ててもらえますか?」と言ってしまうとさらに安心です。ガイドもアシスタントも、そういう言葉にモチベーションが高められます。

③エントリー
 船によってエントリー方法は様々です。若干多いと思われるのは、ジャイアントストライドエントリー。大型のダイビングボートで、後ろ側にフラットなエントリー口がある場合などです。この場合は、大体は3人ずつ、時間をあけずどんどんエントリーしていきます。せかされるような雰囲気になりがちですが、事前に準備をしっかりしておけば焦ることはありません。
 和船・漁船タイプのボートではバックロールエントリーになります。この場合は、1チームのメンバー全員が同時にエントリーします。タイミングが遅れると、エントリーできなくなることもありますので、しっかり準備してのぞみます。
 どちらのパターンでもエントリー後はすぐに潜降しないといけませんので、BCDの空気は予め抜いておきましょう。ここが普段のダイビングとちがうところですね。
 そして、ガイドのブリーフィングをしっかり聞いて、エントリーの流れや集合場所などをしっかりイメージしておくことが大切です。少しぼーっとしていると、ベテランの方でもペースをつかめないことがありますよ。

 次回は、潜降。エントリーと並んで、僕がドリフトダイビングの鍵と考えているところです!
[PR]

by passion82 | 2010-05-29 21:16 | ダイビングスキル

ドリフトダイビング

  突然ですが、今日から数日にわけて、ドリフトダイビングのコツについて語っていきます。
日本で本格的にドリフトダイビングを実施しているダイビングサービスはあまりないため、ドリフトダイビング=難しい・コワイというイメージが少なからず浸透している気がします。要領をつかんで、場所やスタイルを選べば初心者の方もドリフトダイビングを楽しんでいただけるはず(^_^)

☆ドリフトダイビングって? 本日は、ドリフトダイビングがどんなダイビングなのか?どんな面白さ、注意点があるのか?をご紹介します。
 ドリフトダイビングは、ざっくり言うとボートをアンカリング(イカリを降ろして船を固定すること)せずに海へエントリーし、潮流に流された先で浮上、船に拾ってもらうというダイビングスタイル。日本では、西表島や与那国島、粟国島などの沖縄離島や、伊豆神子元島のダイビングサービスが採用しています。ドリフトの頻度は島やお店によって様々。与那国などはオールドリフトダイビングです。僕がガイドを務める西表島のホットマングローブでは、海況が良ければ大体1日に1本ドリフトダイビングをしています。
 ドリフトダイビングの良さはその爽快感だと思います。潮の流れに乗りながら、現れる魚の群れや、次々と変わっていく景色を楽しむ気持ちよさはアンカリングのスタイルでは味わえません。また、ドリフトをすれば通常のダイビングよりも広ーいエリアを泳げるため(船へ戻る必要がないので)、大物が狙えるポイントではチャンスが広がるのです。大物は流れのあるところが大好き!西表のイソマグロ、バラクーダや与那国のハンマーヘッドシャークをドリフトで狙うスタイルが雑誌などでもよく見られますね。また、基本、流れの上手から下手へと移動していくので、流れに向かって泳ぎ続けるしんどさはありません。(たまーに、一時流れに逆らうことも…)
 ただ、普段のダイビングとは違ったスタイルになるので、注意事項もあります。
それは…
①船がアンカリングされていないこと
 船が随時動くので(もちろん人が海へ入る時は絶対動きません)、潜降ロープがありません。ジャイアントストライドエントリーで海へ入ったら、フリー潜降(できれば頭を下にしたヘッドファースト潜降がベスト)で潜っていかなければいけません。耳抜きや、落ち着いた潜降が大事になってきますね。
 それに浮上の際も流されながらになるので、ロープはもちろん使えません。浮力調節がマストスキルに。
②流れのある中でのダイビングになること
 もちろん、速すぎる流れの時には潜りませんが、何もしなければどんどん流されてしまいます。ガイドはおおまかに、
待つ→流れる→待つ→流れる→待つ(時々流れを横切ったり逆らったり)……
という具合にコースを取ります。ガイドから離れすぎないポジショニングや、いつもより早くなくなりがちなエアーなどが気をつけることです。

 大きな注意点はこの二つです!

 というのがドリフトダイビングのざっくりとした概要です。なんか難しそう(*_*;と思われそうですが、大丈夫。
次回からは、エントリーからエキジットまで細かく分けて、ドリフトダイビングのコツをご紹介していきます。誰もが安全にドリフトダイビングにトライできることを目標に(^_^)v
[PR]

by passion82 | 2010-05-28 18:57 | ダイビングスキル

絶望

 本日のブログのために1時間くらいかけてつくってた、ながーい文章がたった今全部消えてしまいました(゜_゜)

 心が折れそうです。かなり熱くなってただけに…。

 もう今日はココナッツサブレの写真にさせてください。

 無念…(゜_゜)
c0214889_2348775.jpg

[PR]

by passion82 | 2010-05-27 23:48 | ほのぼの

仲之御神島

c0214889_2173063.jpg

 今日も行ってきました(^_^)西表島から南西15km、真っ青な海のど真ん中に浮かぶ孤島『仲之御神島(オガン)』です。海況・潮の時間が揃わないと潜れない場所ですが、西表島を訪れるダイバーのほとんどがリクエストする伝説の島なのです。

 オガンはダイビング雑誌の西表島特集では必ず取り上げられる、ダイバー憧れのビッグスポット。イソマグロをはじめバラクーダ、カンムリブダイ、ロウニンアジ、ツムブリなどなど、大型魚の群れがコンスタントに見られるのが最大の売りです。オガンでは、生き物たちはみな大きく、荒々しさを感じます。西表島の周りの海が平和に見えるほど。大きな魚はさらに大きく、肉食でない魚もノーマルサイズよりもひとまわりデカイのです(゜_゜)
 直線的で巨大な根がそびえる地形もダイナミックで、アドレナリンが止まりません!正直、潮の流れが速く、誰もが潜れる場所ではありませんが、腕を磨いて潜る価値はアリですよ!

 ただ、最近は流れガンガンのダイビングは、ちょいとおなかいっぱいな私(腰痛)なのでした(*_*)
[PR]

by passion82 | 2010-05-26 21:36 | ダイビング

岡ちゃん・・・

 岡田ジャパンが0-2で韓国代表に惨敗しました(-_-;)
もうベスト4なんて言ってられないです…。グループリーグで勝ち点取れるかどうか…。

 悲しくなってしまうのが岡ちゃんの発言です。「続けてもいいんですか?と会長に尋ねたら、『やれ』と言われたから前に進むしかない」
 じゃないですよ…(T_T)代表監督のプレッシャーのキツさは相当だと思いますし、自分を信じられなくなる時もあると思いますけど。いけませんよ、あれは。岡田監督の気持ちはわかりますけど、皆の前で口に出したら、いろんなものが崩れてしまいます。

 見た目から、やさしそうとか気弱なイメージを持たれがちな岡ちゃんですが、実はけっこう短気な熱血漢。それだけに、今回の発言もただ心が折れてしまっただけとは考えたくありません頑張れ!日本!
 今日は西表も海も関係なし。
[PR]

by passion82 | 2010-05-25 21:03 | ほのぼの

夏を告げる風

風が強い~~~(゜o゜)
あまりの吹きっぷりに、港で海に落ちそうになります。

梅雨明けを告げる、強い南風を夏至南風(沖縄の方言でカーチバイ)と言います。
ただ、今吹いているのはまだまだカーチバイではなさそうです。明日から天気がグズグズですし・・・。

カーチバイの吹く季節はあまり遠出も出来ず、正直ダイビングショップとしてはつらい時期。ガイドの幅を広げていって戦うことが大事です。
[PR]

by passion82 | 2010-05-23 20:13 | ほのぼの

じめじめ

c0214889_22241140.jpg

 毎日暑い・・・。梅雨前線が北上しすぎて、もはや梅雨明けです。南風が強くなってくると、もうすぐそこに夏を
感じますね。と思ったら、また天気が崩れ始めるようで。さすがに梅雨も甘くありません。

 原生林が島の面積の80-90%を占める西表島。梅雨の時期は島全体で水分を蓄えて、めちゃくちゃジメジメするのです。パソコンなどは湿気で壊れてしまうこともあるとか。・・・んなアホな。と思われるかも知れませんが、ホントらしいですよ。

 サッカーW杯の準備も、各国着々と進んできたようで、代表メンバーもどんどん決まってます。僕の注目はイタリア代表。優勝はできそうにありませんが、毎回ギリギリで何とか勝っていく、そんなドラマチックなゲームをするところが気に入ってます。
[PR]

by passion82 | 2010-05-22 22:43 | ほのぼの

船で40分

 石垣島へ行ってきました(^_^)
西表の島民にとって、宿命の遠征です。西表では出来ない、買出し、各種手続き、病気&怪我の治療、髪を切りに行ったりもしますね。
 便利なものはあまり無く、困ることもたくさんある西表島。ただ、生活はシンプルで素直になります。

 本日、お昼ごはんは『嘉比そば』でソーキそばをいただきました。ソーキはトロトロです。唇で噛み切れるレベル(^^)v
c0214889_20293536.jpg

[PR]

by passion82 | 2010-05-20 20:29 | ほのぼの