情熱大陸


「ダイビングをもっとやさしく、もっと面白く」をテーマにダイビングインストラクターをしています。西表島の海を離れ、原点の沖縄本島へ戻ることに。1/27の記事をもちまして、ブログを引越しました。
by passion82
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ダイビング情報サイトを開設し..
at 2014-03-02 10:57
ご報告
at 2011-01-27 20:13
思ふこと
at 2011-01-26 21:41
アジア杯
at 2011-01-24 19:28
-
at 2011-01-22 20:46
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ドリフトダイビング エキジット編

c0214889_22204176.jpg

ドリフトダイビングマスター計画、ひとまずこれで最終回になる予定です。浮上してから、船にエキジットするところの基本テクをご説明します。船はほとんどの場合、後ろ向きにバックして近づいてきます。

☆エキジット
①水面に出る
 当たり前ですが、水面から顔を出さなくてはいけません。ダイバーが水面下にいると非常に危険なため、船長は船を寄せていけません。必ず水面に顔を出し、ガイド・船長両方から人数が確認できるようにしてください。

②チームでかたまる
 これもピックアップのしやすさからです。ガイドを中心に集まって船の方を見ましょう。船はバックで近づいてくるので、こちらから近づいていってはいけません(危険!)。ガイドからのOKが出てから、船に近づきます。

③ラダー(ハシゴ)を上がる
 ドリフトをするような場所は波が立っている事が多く、そんなとき船は揺れています。上下する船の下に入らないように気をつけてラダーに近づきます。
 船の大きさにもよりますが、大体2-4人くらいずつ船へ上がれます。スマートなダイバーとしては、女性や初心者、ご年配の方を先にエキジットさせてあげたいですね。波がない場合は、フィンはラダーにヒザをかけてはずせますが、波があると船が揺れるので、ラダーで時間をかけすぎるのは逆に危ないです。そんなときはフィンをはいたままラダーを上るのがオススメ。難しそうですが、フィン自体というより足のウラをしっかり意識してラダーに付けるのがコツだと思います。チームのメンバーが多いときも、先に上がる人がフィンをはいたまま上がってくれると、後ろの人は待ち時間が少なくて楽チンですね。

 以上エキジットです。
 長々とドリフトダイビングについて説明してきましたが、イメージトレーニングができたら、実際潜ってみることが一番。面倒かも知れませんが、予約は電話でしてみるのが1番だと思います。リアルタイムでいろいろな疑問を解消できますし、お店側も気をつけていただきたい点などを細かくお伝えできるので。(僕個人の意見です…他のショップさんはともかく)
 ドリフトダイビングをやっているお店について入念に調べて(ポイントの難易度、1チーム当たりの人数、ドリフトの頻度などなど)、海へ出かけてみましょう!
[PR]

by passion82 | 2010-06-03 23:13 | ダイビングスキル
<< 仲ノ御神島 ドリフトダイビング 浮上編 >>