「ほっ」と。キャンペーン

情熱大陸


「ダイビングをもっとやさしく、もっと面白く」をテーマにダイビングインストラクターをしています。西表島の海を離れ、原点の沖縄本島へ戻ることに。1/27の記事をもちまして、ブログを引越しました。
by passion82
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ドリフトダイビング エントリー編

 昨日に続いて、ドリフトダイビング徹底攻略です!

☆エントリー
 まずは海へ入るところから。正確に言うと、エントリーの前準備からお話します。

①早め早めがポイント
 ドリフトポイントの多くは、波があります。外洋に位置していて風がよく当たる上に、流れがあるのでそれだけで波が高くなってしまうのです。ポイント到着前に(波が無いところで)あらかじめブリーフィングをしてしまうケースも多いほど、エントリー場所は揺れることがあります。マスクの曇り止めや、ウェイトベルト装着、タンクのバルブ開放、カメラ他アクセサリー類のセットなどなど…は早い段階で済ませておくべし、です。
 そしてガイドから、いざエントリー!の合図が出たら、すぐに海の入れる準備をしておきましょう。ひとつひとつはゆっくりでも構いません。ただ、何事も前もって(^_^)

②ポジション取り ショップによっては10人以上の大所帯で1チームになるところもあると思います。スキルに自信が無かったり、不安な点があればガイドやアシスタントの近くにポジションを取ってください。事前に「エントリーと潜降の時、見ててもらえますか?」と言ってしまうとさらに安心です。ガイドもアシスタントも、そういう言葉にモチベーションが高められます。

③エントリー
 船によってエントリー方法は様々です。若干多いと思われるのは、ジャイアントストライドエントリー。大型のダイビングボートで、後ろ側にフラットなエントリー口がある場合などです。この場合は、大体は3人ずつ、時間をあけずどんどんエントリーしていきます。せかされるような雰囲気になりがちですが、事前に準備をしっかりしておけば焦ることはありません。
 和船・漁船タイプのボートではバックロールエントリーになります。この場合は、1チームのメンバー全員が同時にエントリーします。タイミングが遅れると、エントリーできなくなることもありますので、しっかり準備してのぞみます。
 どちらのパターンでもエントリー後はすぐに潜降しないといけませんので、BCDの空気は予め抜いておきましょう。ここが普段のダイビングとちがうところですね。
 そして、ガイドのブリーフィングをしっかり聞いて、エントリーの流れや集合場所などをしっかりイメージしておくことが大切です。少しぼーっとしていると、ベテランの方でもペースをつかめないことがありますよ。

 次回は、潜降。エントリーと並んで、僕がドリフトダイビングの鍵と考えているところです!
[PR]

by passion82 | 2010-05-29 21:16 | ダイビングスキル
<< ドリフトダイビング 潜降編 ドリフトダイビング >>